HOMEトピックス

トピックス

国内大会

沖縄で熱戦 第10回全国ヴィンテージ8’sバレーボール交流大会

2019.11.11NEW国内大会

沖縄で熱戦 第10回全国ヴィンテージ8’sバレーボール交流大会

 第10回全国ヴィンテージ8’sバレーボール交流大会が11月8 日(金)~10日(日)、沖縄県那覇市、浦添市、豊見城市で開催されました。この大会は50歳以上の部、60歳以上の部において、バレーボール9人制競技規則を基本に行う8人制バレーボール大会です。第10回大会の節目に、50歳以上の部56チーム、60歳以上の部27チームの計83チームが参加しました。  9日には70歳代の選手から構成された開催県沖縄の前原OBチーム、那覇クラブチームによるエキシビションマッチがありました。また記念式典では10年連続出場

続きを読む

茨城ゆめ国体 少年男女は京都府と東京都が連覇達成

2019.10.06国内大会

茨城ゆめ国体 少年男女は京都府と東京都が連覇達成

 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体2019バレーボール競技は10月5日(土)、最終日を迎え、茨城県ひたちなか市と結城市で、各カテゴリーの3位決定戦と決勝が行われました。  成年男子決勝では、静岡県選抜チームが広島県(JTサンダーズ広島)をフルセットで撃破し優勝を果たしました。  成年女子決勝は、連覇を目指す佐賀県(久光製薬スプリングス)と滋賀県(東レアローズ)のV1対決となり、佐賀県が第1、2セットを連取しそのまま勝利するかと思われましたが、滋賀県が意地を見せ第3、4セットを奪い返すとそのままファイナルセッ

続きを読む

茨城ゆめ国体バレーボール競技の部 熱戦開幕

2019.10.03国内大会

茨城ゆめ国体バレーボール競技の部 熱戦開幕

 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体2019バレーボール競技の部開会式が10月1日(火)に開かれました。成年男女、少年男子はひたちなか市、少年女子は結城市を舞台に、2日(水)から5日(土)まで競技を繰り広げます。  地元の期待を一身に背負う茨城チームは、地元の声援の後押しもあり、成年男女、少年男女の全チームが初戦を突破しました。3日(木)からは少年男女でシード校がトーナメントに参戦し、さらなる激戦が予想されます。令和初の国体を制するチームはいったいどこなのでしょうか。全力プレーを続ける出場選手たちに、たくさん

続きを読む

第3戦韓国に敗戦 ワールドカップ2019女子

2019.09.16国内大会

第3戦韓国に敗戦 ワールドカップ2019女子

 女子日本代表チーム・火の鳥NIPPONは15日(土)、ワールドカップ2019女子大会第3戦韓国に、セットカウント1-3(25-23、19-25、22-25、25-27)で敗れ、1勝2敗としました。  第1セットは中盤までリードされる展開ながらも、18-20から佐藤美弥選手の連続サービスエースなどで22-20とリードし、セットを先取します。第2セットは12-17から石川真佑選手の連続得点などで反撃しますが、最後に連続失点を喫します。第3セットも競り合いの末に失って迎えた第4セットは、19-24の劣勢から石井優希選手の

続きを読む

全日本中学校選手権大会 優勝は男子駿台学園、女子金蘭会

2019.08.21国内大会

全日本中学校選手権大会 優勝は男子駿台学園、女子金蘭会

 第49回全日本中学校選手権大会は8月20日(火)、和歌山ビッグホエール(和歌山市)で男女決勝が行われ、熱戦の幕を閉じました。  男子決勝は、第1セット序盤から山形市立第六中学校(山形)が身長190㎝のエースアタッカー菅原啓選手を中心に攻撃を展開。連続得点を重ね11−7とリードします。そこから駿台学園中学校(東京)が4連続得点で追いつき競り合う展開となりますが、23-23から駿台学園中が諸星雄大選手の得点などでセットを先取。第2セットは山形市立第六中が4-4から菅原選手のサービスエースなど6連続得点をあげ

続きを読む

全日本中学校選手権大会開幕 日本一を目指し和歌山で熱戦

2019.08.18国内大会

全日本中学校選手権大会開幕 日本一を目指し和歌山で熱戦

 令和元年度全国中学校体育大会 第49回全日本中学校バレーボール選手権大会開会式が8月17日(土)、和歌山ビッグホエール(和歌山市)で行われました。  公益財団法人日本バレーボール協会村上成司業務執行理事が「全国大会への出場には多くの努力があったことと推察されます。バレーボールはチームスポーツです。苦しい時に助けてくれるのは仲間、助けることができるのも仲間です。数あるスポーツの中でバレーボールを選び、バレーボールを通して様々なことを育んだ仲間との絆とチーム力を、思う存分発揮されることを願っています」と選手を激励しまし

続きを読む

第39回全日本小学生大会閉幕 夢をかなえた日本一

2019.08.10国内大会

第39回全日本小学生大会閉幕 夢をかなえた日本一

 第39回全日本バレーボール小学生大会は8月9日(金)、川崎市とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)で最終日を迎え、各カテゴリーで優勝チームが決定しました。決勝の結果は次の通りです。   ■男子決勝 東京杉一クラブ(東京)2(21-12、21-17)0 片桐VBC(奈良)  予選1日目のリーグ戦でも両チームは対戦し、その時も東京杉一クラブが勝利しました。片桐VBCとしてはリベンジのチャンスでしたが、東京杉一は佐々木綾星主将が安定したサーブレシーブでエース楓淳道選手の攻撃につなげて確実に加点していきます。守って

続きを読む

第39回全日本小学生大会が開幕 目指すは真夏の日本一

2019.08.07国内大会

第39回全日本小学生大会が開幕 目指すは真夏の日本一

 第39回全日本バレーボール小学生大会の開会式が8月6日(火)、川崎市とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)で行われ、各都道府県の代表男女48チーム(北海道は2チーム)と男女混合42チームの選手が力強く入場行進しました。  開会式では、公益財団法人日本バレーボール協会会長嶋岡健治が、「選手の皆さんの若い力と元気あふれる思いっきりのプレーを期待いたします」と選手を激励しました。また男子日本代表の山本智大選手、大竹壱青選手は「今、自分が世界と戦えているのは、小学生時代の基本練習があったから」と選手に呼びかけ、対人レシーブを披

続きを読む

全国高校総体男子 松本国際高校が接戦制し8年ぶり2度目の優勝

2019.08.04国内大会

全国高校総体男子 松本国際高校が接戦制し8年ぶり2度目の優勝

 令和元年度全国高等学校総合体育大会男子バレーボール競技大会(インターハイ)決勝が8月3日(土)、早水公園総合文化センター(宮崎県都城市)で行われ、松本国際高校(長野)が東北高校(宮城)を3-1(32-30、23-25、25-23、26-24)で下し、創造学園高校時代を含めると8年ぶり2度目、松本国際高校としては初の栄冠に輝きました。  速さのあるコンビバレーが持ち味の松本国際と、平均身長約187㎝と全国トップレベルの高さを誇る東北の対決となった決勝は、第1セットからジュースにもつれ込む接戦になりました。松本国際はエ

続きを読む

全国高校総体男子開幕 女子大会に続き宮崎で熱戦

2019.07.31国内大会

全国高校総体男子開幕 女子大会に続き宮崎で熱戦

 令和元年度全国高等学校総合体育大会男子バレーボール競技の開会式が7月30日(火)、都城市早水公園体育文化センター(宮崎県都城市)で開かれました。  公益財団法人日本バレーボール協会会長嶋岡健治が、開催地の方々への感謝と、出場する選手たちへ「来年開催される東京2020オリンピック、2024年のパリ五輪に出場する選手として大きく羽ばたいてほしい」と激励の言葉を述べました。  出場49チームを代表し、開催地・宮崎県代表都城工業高校の黒木奨輝主将が「“響かせろ 我らの魂 南の空へ”のスローガンのもと

続きを読む

 1 2 3 next →  Last ›

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.