HOMEトピックス会長 新年のご挨拶 2020年

トピックス

会長 新年のご挨拶 2020年

2020.01.01

20190101-1-1.jpg

 

 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。本年もみなさまにとって素晴らしい年となりますことを、心よりお祈り申し上げます。

 いよいよ夏に東京2020オリンピックを控える、記念すべき年となりました。バレーボール男女、ビーチバレーボール男女とも開催国枠でオリンピック出場が決まっています。本番までおよそ200日、チームの強化も集大成を迎えます。協会は1964年の東京オリンピックに匹敵するバレーボールの気運を醸成できるよう、男子は中垣内祐一、女子は中田久美両監督のもとインドア、そしてビーチバレー日本代表を支えてまいります。

 2019年に日本で開催したワールドカップを女子は5位、男子は4位で終え、オリンピックに向けた手応えと課題を認識しました。男子では西田有志選手がベストオポジット、石川祐希選手がベストアウトサイドスパイカーに選ばれ、世界のベストプレイヤーの仲間入りができたことは喜ばしいことでした。一方チームとして最後に勝ちきる強さなど、オリンピックに向けての課題も見つかりました。ワールドカップにおいて日本でファンの皆さまの大歓声のなか強豪国と試合を重ねた貴重な経験を、オリンピックにも生かしてまいります。

 アンダーエイジカテゴリーでは、女子が第20回女子U20(ジュニア)世界選手権大会で初優勝し、世界の頂点を制しました。ポスト東京に向けて、若い層の強化も進んでいます。勢いのあるこの世代から、東京2020オリンピックの舞台に立つ選手が生まれることを期待しています。 

 ビーチバレーボールは5月に、東京と大阪で東京2020ビーチバレーボール日本代表チーム決定戦を行い、東京五輪出場チームを内定します。女子は開業まもない東京都港区の高輪ゲートウェイ駅前特設会場で開催します。選手はこの大会に向けて精進を続けており、多くの皆さまに代表が決まる過程をご覧に入れられることを楽しみにしています。 男子はジャパンツアーファイナルでもお馴染みのグランフロント大阪でお待ちしております。

 協会事業としては、JVAのガバナンス及びコンプライアンスを引き続き強化し、バレーボールを愛するすべての国民の心身の健全な発達、維持および人間性の向上に寄与し豊かな社会の形成に貢献することを目指します。

 2019年に新設した「体罰・暴力・ハラスメント根絶」に向けた取り組みは、今後も継続いたします。バレーにおける実状に向き合いながら、加盟団体のみなさまとのさらなる連携を強化し、2016年4月に掲げた「コンプライアンス宣言」を徹底してまいります。 

 バレーボールの「普及」については、代表チームの活躍が一番のきっかけになると考えます。そのためにも今年はオリンピックに集中し、そこで最高のプレーをお目にかけられるよう、協会一丸となり注力してまいります。いろいろな課題解決には加盟団体のご協力を得て、バレーボールの普及を図ります。

 またオリンピック以降安定した協会運営ができるよう、2018年に策定した中期経営計画に関して足元の変化を見直し、確認しながら推進してまいります。五輪後の大会運営をいま一度見直し、大会の価値向上を計ると同時に、加盟団体のみなさまやVリーグ機構との連携も深めてまいります。

 最後に、バレーボールに関わるすべてのみなさま、バレーボールを応援してくださるファンの皆さまのご健康と幸せを祈念し、新年の挨拶といたします。

 

2020年1月吉日

公益財団法人日本バレーボール協会

会長  嶋岡 健治

写真

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.