HOMEトピックス中学生のトップ選手が勢ぞろい 都道府県対抗JOCカップ大阪で開幕

トピックス

中学生のトップ選手が勢ぞろい 都道府県対抗JOCカップ大阪で開幕

2018.12.26

2018.12.26-1-top.jpg JOCジュニアオリンピックカップ 第32回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(JOCカップ)の開会式が12月25日(火)、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館/大阪市港区)で行われました。

 男女各48チームの選手たちが、堂々と元気よく入場行進を行いました。公益財団法人日本バレーボール協会嶋岡健治会長は、「2年後に控えた東京2020オリンピック、2024年のパリオリンピックでも、今回この大会でプレーした皆さんが全日本選手として活躍してくれることを大いに期待しています。選ばれた誇りと責任を自覚し、日頃培った技と力を存分に発揮し、多くの方々に感動を与えてください」と、選手たちにエールを送りました。

 男子の福井代表キャプテン・小竹飛斗選手(鯖江中学校3年)、女子の大阪北代表キャプテン・竹村都羽選手(金蘭会中学校3年)が、「今年は各地で災害が起こり、被害を受けながらも応援してくださった地域の方々もおられます。私たちも誇りを胸に、仲間とともにバレーボールができることに感謝し、最後のホイッスルが鳴るまで全力でプレーし、皆さまに勇気と感動を届けることをここに誓います」と選手宣誓しました。

 32回目の開催となる本大会は、26日(水)にグループ戦、27日(木)に決勝トーナメントの1回戦から3回戦までを行います。最終日の28日(金)には準決勝と決勝が行われ、全都道府県の頂点に立つチームが決定します。

関連リンク

大会概要

男子結果速報

女子結果速報

写真

アーカイブ

RSSを表示