HOMEトピックス全日本ジュニア女子チームの候補選手が強化合宿を実施

トピックス

全日本ジュニア女子チームの候補選手が強化合宿を実施

2017.01.27

2017.01.27-1-13.JPG

 全日本ジュニア女子チームの候補選手による強化合宿が1月23日(月)から27日(金)まで、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)にて行われました。

 

 「春の高校バレー」を終えて最初の招集となった全日本ジュニアチームの合宿には、大学1年生・高校3年生を中心に14名の選手が参加。Team CORE女子の安保澄監督らの指導のもと、選手たちは練習に打ち込みました。

 

2017.01.27-1-2.JPG2017.01.27-1-3.JPG

 合宿最終日となった本日27日(金)は午前中のみ練習を行いました。セルフコンディショニングとして身体の状態や柔軟性などを各自が入念にチェックしたあと、対人パスなどのウォーミングアップを行いました。ウォーミングアップでは、股関節周りの柔軟性を高め、選手同士のコミュニケーションを促すことを狙いとした「リフティング」も取り入れられました。

 

 続いて選手が2つのグループに分かれ、サーブレシーブ練習とスパイク練習を行いました。スパイク練習ではブロックアウトやブロックの間を抜くスパイクを打つことを重点に置き、アタッカーがセッターと連携を確認しながらスパイクを打ち込みました。

 2017.01.27-1-14.JPG

 その後は隙間なくセットされる板をブロックに見立て、ブロックのワンタッチから攻撃を組み立てなおす練習と、コーチが配給するハイボールから攻撃を組み立てる練習を実施。選手たちはコーチ陣のアドバイスを受けながらブロックフォローやリバウンドからの攻撃の動きなどを繰り返し確認しました。最後は選手・コーチ陣が本日の練習やこの合宿を終えての意見・感想を共有して練習を終えました。

 

◆安保澄全日本ジュニア女子チーム監督

「本合宿では、攻撃面ではブロックアウトの技術、ディフェンス面ではセッティング、ブロックフォローに重点を置いて練習を行った。初日から徐々に求めるレベルを少しずつ上げて、発展的に戦術を上積みしていくことができた。(国際大会では)高いブロックがあるのが当然で、夏に控える世界ジュニア女子選手権では日本が最も身長の低いチームになることが予想されるので、世界の高いブロックを相手に精度の高い技術を身に付けておかなければならない。将来全日本チームの選手として世界を相手にしたときにも役に立つように、精度の高い技術をそれぞれのベースに持っていてほしい」

 

◆松井珠己選手

「(大学生は自分のみだが)下の学年の選手はみんな巧くて刺激を受ける。この年代でチームを編成して付き合いの長い選手が多いが、みんな初めての顔合わせの時よりもコミュニケーションがしっかり取れている。これから大会に向けてよりよくなっていけると思う。最年長者だということはあまり気にせず、『みんなで頑張ろう』という気持ちでやっている。(セッターとして)プレーの面では、自分の持ち味である早いトスや、ミドルを生かしたトスが強みなので技術を磨いていきたい」

 

2017.01.27-1-16.JPG

 5日間にわたる合宿を打ち上げた全日本ジュニア女子チーム。次回は2月中旬に全日本ユース女子チームの候補メンバーとの合同の強化合宿を予定しています。全日本ジュニア女子チームは今後数回の合宿を経て、7月14日(金)から23日(日)までメキシコのボカ・デル・リオとコルドバで開催される「第19回世界ジュニア女子選手権大会(U-20)」に出場します。

関連リンク

2017年度国際大会

2016年11月度合宿レポート

写真

RSSを表示