HOMEトピックス龍神NIPPON、ベネズエラに勝利し白星スタート! 2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会

トピックス

龍神NIPPON、ベネズエラに勝利し白星スタート! 2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会

2016.05.28

2016.05.28-1-top.jpg

 

 リオデジャネイロオリンピックの出場権を懸けた戦い「2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会 男子日本大会」が5月28日(土)、東京体育館(東京都渋谷区)で開幕しました。全日本男子チーム・龍神NIPPONは南米・ベネズエラと本大会開幕戦を戦い、3-1(26-28、25-20、25-19、25-19)で勝利。リオデジャネイロオリンピックの切符獲得に向けて白星スタートとなりました。

 

 第1セット、2回目のテクニカルタイムアウトを14-16とベネズエラのリードで迎えると、ケルビン・ピニェルアらの得点で14-17とさらに引き離されますが、石川祐希選手(中央大学3年)の連続得点で17-17の同点に追い付くと、柳田将洋選手(サントリーサンバーズ)、富松崇彰選手(東レアローズ)の得点で21-20と逆転。24-23で先にセットポイントを掴んだ日本でしたが、エドソン・バレンシア、アンディ・ロハスに得点を奪われデュースに持ち込まれると、26-28で第1セットを落とします。第2セット、石川選手の3連続得点、柳田選手のブロックなどで8-3と大きくリードを奪いますが、ベネズエラに立て続けに連続得点を奪われると12-16と大きくリードを許し後半に突入します。しかし、柳田選手の3得点を含む5連続得点で18-17と逆転に成功すると、さらに清水選手、出耒田敬選手(堺ブレイザーズ)のブロックなどで25-20とし、試合を振り出しに戻します。第3セット、一進一退の展開で中盤へと進みます。後半出耒田選手の連続ブロックポイントで抜け出した日本が、清水選手のサービスエースや富松選手のブロックポイントで加速し、25-19と第3セットも連取します。第4セット、立ち上がり日本は柳田選手の活躍で先行しますが、その後ベネズエラのサーブで攻められ競り合いに持ち込まれます。中盤以降危なげない試合展開で相手にリードを許さず、25-19と第4セットを押し切りました。

 

◆南部正司監督

前日の練習では硬さなど出なかったのに、試合になると出てしまった。第1セットではサイドアウトでしっかり回せなかったし、ミスも目立つなどリズムがつかめなかった。2セット目もいやな感じがあったが、乗り越えられた。今日は最初から最後まで柳田がしっかりとチームの流れをつくってくれた。そこから清水も当たりだしたという状況だった。明日からはもっと改善されるだろう。

 

◆キャプテン・清水邦広選手

今日の入りは皆プレッシャーが掛かりながらいつものプレーができない状況に陥っていたし、自分の不甲斐なさで落としてしまった。しかしセットを重ねるごとに、いつも通りのバレーができるようになった。本来であれば3-0で勝てた試合だった。

 

◆柳田将洋選手

自分自身、硬さが出てしまい思うように体が動かなかった中で戦った。チームの中でとにかくムードを盛り上げようとして、それが第2セット以降に伝わったと思う。次はアジアの強敵である中国と戦うが、自分の良さを出して勝ちにつなげたい。

 

◆深津英臣選手

1セット目から全員硬くなっていた。自分も緊張しないようにと思っていたが、やはり緊張して石川らにもそれが伝わってしまった。チームとしてもっと思い切ってチャレンジャーの気持ちで戦うことが必要だ。勝ち点3を取れたが、反省するところは反省してこのまま勢いに乗っていきたい。

 

◆石川祐希選手

硬さが出て1セット目を取られたが、勝つことができて良かった。自分としては緊張はしなかった。だが、まだまだ課題の残る試合だったので、しっかり修正して明日からの試合に臨みたい。

 

◆ビンチェンツォ・ナッチ ベネズエラ監督

第1セットを上手く乗り切ったので、絶対に勝てると思った。とても重要な試合だっただけに残念だ。2セット目以降は日本のチームワークが良くなり、逆にわれわれは集中力が切れて、ミスも目立った。

 

◆キャプテン・ケルビン・ピニェルア選手

負けてしまったのでとても悲しい。重要な試合と思って全力で戦い、1セット目を奪ったが、その後はミスが多過ぎた。明日から気持ちを切り替えて臨みたい。

 

5月28日(土)の試合結果

イラン×オーストラリア 3-0(25-19、25-17、25-18)

中国×フランス 1-3(13-25、25-22、23-25、21-25)

ポーランド×カナダ 3-2(25-18、17-25、25-21、18-25、15-9)

日本×ベネズエラ 3-1(26-28、25-20、25-19、25-19)

本大会は、出場8チームによる、1回戦総当り戦で行われます。

 

 また、日本対ペルー戦の国歌斉唱の前に4月に発生した「熊本県熊本地方を震源とする地震」による被災者に哀悼の意を表し、黙とうが捧げられました。

 

 さらに、日本とベネズエラの1戦の前には公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)のアスリート委員会の呼びかけによる「こころはひとつ~支援の輪~ 熊本地震救済支援募金」の募金活動が女子大会に引き続いて行われ、JVAアスリート委員会の朝日健太郎さんらが観客席を回り募金を呼びかけました。なお、本募金活動は男子大会期間中の全試合開催日に実施されます。引き続き、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

 龍神NIPPONは明日29日(日)、中国と本大会2戦目を戦います。龍神NIPPONに会場やテレビの前から熱いご声援をお願いします!

関連リンク

大会概要

男子大会競技日程

男子大会試合結果

テレビ放送スケジュール

写真

アーカイブ

RSSを表示