HOMEトピックス火の鳥NIPPONの水野秀一コーチがナイジェリアでバレーボール指導者研修を実施

トピックス

火の鳥NIPPONの水野秀一コーチがナイジェリアでバレーボール指導者研修を実施

2016.02.25

2016.02.25-1-top.jpg

 

 全日本女子チーム・火の鳥NIPPONの水野秀一コーチが「SPORT FOR TOMORROW」のプログラムの一環で、2月13日(土)から22日(月)までナイジェリアの首都アブジャに滞在し、バレーボールコーチ研修などを行いました。

 

 「SPROT FOR TOMORROW」とは、2014年から2020年までの7年間、日本国政府が開発途上国など100カ国以上・1000万人以上を対象に推進するスポーツを通じた国際貢献事業で、スポーツを通じた国際協力や交流、国際スポーツ人材育成拠点の構築、国際的なアンチ・ドーピング推進体制の強化支援の3つを主軸として活動しています。

 

 水野コーチはバレーボール指導者を対象にコーチングに関する研修やアブジャ大学男女バレーボール部のバレーボールクリニックを行いました。また、ナイジェリア滞在最終日の22日(月)には、日本から持参したバレーボール約200球を在ナイジェリア日本国大使館の大塚雅也参事官と共に、ナイジェリア国のスポーツ省オハア次官とナイジェリアバレーボール協会のグメル会長に贈りました。

 

2016.02.25-1-1.jpg

(バレーボール約200球を寄贈)

 

 約1週間のナイジェリア滞在を終えて水野コーチは「今回の研修には、ナイジェリア全州から代表コーチ56名の参加がありました。参加したコーチたちは非常に情熱を持って取り組み、6日間25時間におよぶ講習や実技コースを受講しました。ナイジェリアではバレーボールは人気のあるスポーツで、非常に盛んに行われていますが、近年ナショナルチームはワールドカップやオリンピックなどのアフリカ予選を勝ち抜けず、苦しい戦いが続いています。今回のコースをきっかけに、ナイジェリアでバレーボールがさらに広く普及されることを望むとともに、ナイジェリア男女ナショナルチームが東京オリンピックに出場することを楽しみにしています」とコメントしました。

 

 

 また、公益財団法人日本バレーボール協会では不要になったバレーボールを発展途上国に贈るプロジェクト「バレーボールバンク」を実施しております。所属されているバレーボールチームで不要になったボールがございましたらJVAにご提供ください。皆さまのお気持ちをお預かりさせていただきます。

 

◆バレーボールバンク問合せ先

公益財団法人日本バレーボール協会 事務局

◎お問合せ

メール: ballbank@jva.or.jp

電話: 03-5786-2100(平日のみ 9:45~17:45)

写真

アーカイブ

RSSを表示