HOMEトピックスブロックラウンド閉幕!ファイナルラウンド出場チームが決定!! 天皇杯・皇后杯

トピックス

ブロックラウンド閉幕!ファイナルラウンド出場チームが決定!! 天皇杯・皇后杯

2015.10.26

TK_logo.jpg

 

 9月初旬にブロックラウンドが開幕した「平成27年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」、10月24日・25日の週末で関東ブロックラウンドが開催され、全ブロックラウンドの中で最多の出場チームから、男子4・女子3代表が決定しました!これをもちまして本年度のファイナルラウンド出場チームが出揃いましたのでお知らせいたします。

 

 

【関東ブロックラウンド代表チーム】

男子: 中央大学、早稲田大学、富士通カワサキレッドスピリッツ、東海大学

女子: 柏エンゼルクロス、東海大学、筑波大学

日程: 10月24日(土)・25(日)

会場: 東京都・日野市市民の森ふれあいホール、立川柴崎市民体育館

 

 

 女子は全3グループで2年連続の代表権獲得となりました。Aグループは初戦の接線を制した後は安定した勝ち上がりの日本女子体育大学をストレートで退けた柏エンゼルクロスが2年連続2回目の代表となりました。Bグループでは初戦の大学勢対決をストレートでものにした東海大学が、同じく初戦ストレート勝ちのGSSサンビームズとのフルセットの熱戦を制し、2年連続でファイナルラウンドへと駒を進めました。Cグループでは1回戦から登場の筑波大学が3試合連続のストレート勝ちと安定した戦いで大学同士の決勝に勝利してファイナルラウンド進出を決めました。

 

 男子は近年大学勢が代表権を多く獲得する流れのとおり、4代表のうち3つを大学勢が占めました。もう1枠はV・チャレンジリーグ所属チームが意地をみせ、代表権を獲得しました。Aグループは第一シードの中央大学が、熱気渦巻く雰囲気のなか、安定した戦いぶりで2年連続の代表となりました。Bグループは同じく第一シードの早稲田大学が、関東ブロックラウンド唯一の高校生チームである駿台学園高校を退け、2年ぶりの代表に返り咲きました。Cグループはともに1回戦から勝ち上がったV・チャレンジリーグ同士の決勝を、安定した戦いぶりの富士通カワサキレッドスピリッツが制しました。Dグループは1回戦の熱戦を制した東海大学が、大学勢同士の戦いとなった国士館大学との決勝を制して2年連続のファイナルラウンド進出を決めました。

 

 関東ブロックラウンドの開催をもって、今年度のブロックラウンド全日程が終了しました。すでにV・プレミアリーグ所属チームのシード順を発表しておりますが、出場するチームが出揃いましたので、組合せ抽選を実施いたします。抽選結果ならびに試合スケジュール、チケット情報は11月初旬までにはお伝えできる予定ですので、引き続き「天皇杯・皇后杯」にご注目ください!本大会ファイナルラウンドのチケットは、公益財団法人日本バレーボール協会が運営するファンサイト「バレとも」での先行販売後、プレイガイド先行(チケット会社による先行販売)、一般販売を実施する予定です。チケット販売の詳細は改めてご案内いたします。ハッシュタグ 「#天皇杯皇后杯バレーボール」 をつけたツイートやカウントダウン写真のご応募もお待ちしています!ぜひ一緒に大会を盛り上げましょう!

 

 ファイナルラウンドを目指す選手たちへのご声援、ありがとうございました!引き続き日本一の栄冠を目指すチームに、熱いご声援をお願いいたします!

 

 

◆平成27年度 天皇杯・皇后杯 ファイナルラウンド出場チーム一覧

■女子出場チーム

【V・プレミアリーグ】

NECレッドロケッツ

久光製薬スプリングス

上尾メディックス

岡山シーガルズ

日立リヴァーレ

東レアローズ

デンソーエアリービーズ

トヨタ車体クインシーズ

 

【ブロックラウンド代表】

札幌山の手高校 (北海道/高校) 2年連続2回目

東北福祉大学 (宮城県/大学) 6年ぶり3回目

柏エンゼルクロス (千葉県/V・チャレンジ) 2年連続2回目

東海大学 (神奈川県/大学) 2年連続4回目

筑波大学 (茨城県/大学) 2年連続6回目

PFUブルーキャッツ (石川県/V・チャレンジ) 7年連続8回目

KUROBEアクアフェアリーズ (富山県/V・チャレンジ) 2年ぶり8回目

JAぎふリオレーナ (岐阜県/V・チャレンジ) 2年連続5回目

トヨタ自動車ヴァルキューレ (愛知県/V・チャレンジ) 初出場

JTマーヴェラス (大阪府/V・チャレンジ) 9年連続9回目

金蘭会高校 (大阪府/高校) 初出場

就実高校 (岡山県/高校) 6年ぶり2回目

CLUB EHIME (愛媛県/クラブ) 2年連続2回目

鹿屋体育大学 (鹿児島県/大学) 7年連続8回目

福岡大学 (福岡県/大学) 5年連続5回目

東九州龍谷高校 (大分県/高校) 3年ぶり3回目

 

■男子出場チーム

【V・プレミアリーグ】

JTサンダーズ

サントリーサンバーズ

豊田合成トレフェルサ

堺ブレイザーズ

ジェイテクトSTINGS

パナソニックパンサーズ

東レアローズ

FC東京

 

【ブロックラウンド代表】

東海大学札幌校舎 (北海道/大学) 2年ぶり3回目

福島大学 (福島県/大学) 3年ぶり4回目

中央大学 (東京都/大学) 2年連続3回目

早稲田大学 (東京都/大学) 2年ぶり3回目

富士通カワサキレッドスピリッツ (神奈川県/ V・チャレンジ) 4年ぶり3回目

東海大学 (神奈川県/大学) 2年連続8回目

創造学園高校 (長野県/高校) 3年連続4回目

大同特殊鋼レッドスター (愛知県/V・チャレンジ) 4年連続6回目

中京大学 (愛知県/大学) 2年連続2回目

近畿大学 (大阪府/大学) 4年連続7回目

兵庫デルフィーノ (兵庫県/V・チャレンジ) 4年ぶり3回目

大阪府立大塚高校 (大阪府/高校) 初出場

福山平成大学 (広島県/大学) 初出場

愛媛大学 (愛媛県/大学) 3年連続5回目

東福岡高校 (福岡県/高校) 3年連続3回目

大分三好ヴァイセアドラー (大分県/V・チャレンジ) 9年連続9回目

 

 

◆ファイナルラウンド開催予定

12月18日(金)~20日(日) 東京都渋谷区:東京体育館

12月26日(土)・27日(日) 東京都大田区:大田区総合体育館

関連リンク

写真

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.