HOMEトピックスFIVB主催国際大会における順位決定方法の変更について

トピックス

FIVB主催国際大会における順位決定方法の変更について

2015.05.29

 国際バレーボール連盟(FIVB)は、FIVB主催の国際大会の予選ラウンドにおける順位決定方法を、従来の勝点を第1優先とする方法から勝敗数を第1優先とする方法に変更することを決定しました。

 

 新しい順位決定方法は、FIVB主催のすべての国際大会の予選ラウンド(ワールドリーグの「インターコンチネンタル・ラウンド」、ワールドグランプリの「予選ラウンド」、そのほか「1次リーグ戦」など)や、ワールドカップなどの総当り戦(ラウンド・ロビン方式)での順位決定時に適用されます。

 

従来の方式

(1)各プールの順位は、勝点(※)により決定する。

(2)2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝点で並んだ場合、

   順位決定の優先順位は下記の通り。

    [第1優先] 勝敗数

    [第2優先] セット率(セット率=総得セット/総失セット)

    [第3優先] 得点率(得点率=総得点/総失点)

    ◇2チームが得点率で並んだ場合

    ⇒最新の直接対決の結果をもって順位を決定

    ◇3チーム以上が得点率で並んだ場合

    ⇒該当チームの直接対決の結果のみで順位を決定

新しい方式

(1)各プールの順位は、勝敗数により決定する。

(2)2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、

   順位決定の優先順位は下記の通り。

   [第1優先] 勝点(※)

   [第2優先] セット率(セット率=総得セット/総失セット)

   [第3優先] 得点率(得点率=総得点/総失点)

   ◇2チームが得点率で並んだ場合

   ⇒最新の直接対決の結果をもって順位を決定

   ◇3チーム以上が得点率で並んだ場合

   ⇒該当チームの直接対決の結果のみで順位を決定

 

※1試合で与えられる勝点についてセットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合

 ⇒勝者に3ポイント、敗者に0ポイントが与えられる。セットカウント3-2で試合が終了した場合

 ⇒勝者に2ポイント、敗者に1ポイントが与えられる。

 

 新しい順位決定方式は、明日5月30日(土)に全日本男子チーム・龍神NIPPONが開幕戦を迎える「FIVBワールドリーグ2015」から適用されています。

アーカイブ

RSSを表示