FIVBビーチバレーボール ワールドカップファイナル2013 男子大会

概要

大会名称

FIVBビーチバレーボールワールドカップファイナル2013 男子大会

開催期間

5月29日(水)~6月2日(日)

開催地

カンピーナス(ブラジル)

参加10チーム

【出場枠】

FIVBビーチバレーボール
コンチネンタルカップファイナル 優勝国
(各大陸1枠、計5枠)
アジア大陸 日本
ヨーロッパ大陸 ノルウェー
北中米大陸 カナダ
南米大陸 ベネズエラ
アフリカ大陸 南アフリカ共和国
FIVBビーチバレーボールワールドツアー2012の
オリンピックランキングポイントにより、
ロンドンオリンピックの出場権を2枠獲得した国
※ワールドツアーのランキング上位16チームに
ロンドンオリンピックの出場権が与えられた(※同一国からは最大2枠)。
ブラジル
ドイツ
ラトビア
スイス
アメリカ

※日本は、朝日健太郎/白鳥勝浩組と青木晋平/日高裕次郎組が日本代表として出場した2012年6月開催のFIVBビーチバレーボールコンチネンタルカップファイナル(兼ロンドンオリンピックアジア大陸予選)で優勝し、本大会の出場枠を獲得。

【出場組】

出場枠を獲得した国は、自国の1組を大会に出場させることができる。
日本からは、青木晋平(フリー)/小川将司(NPO法人ソシオ成岩(ならわ)スポーツクラブ)組が出場。

【プール分け】
プールA ブラジル(1)、ラトビア(2)、スイス(3)、ベネズエラ(4)、日本(5)
プールB アメリカ(1)、ドイツ(2)、ノルウェー(3)、カナダ(4)、南アフリカ共和国(5)

※()内はプール内のシード順

試合方式

参加10チームが5チームずつA・Bの2プールに振り分けられ、それぞれ1回戦総当りリーグを行って順位を決める。各プール上位2チームが準決勝に進出し、準決勝の結果により、3位決定戦、決勝戦を行う。