第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) 男子ビーチバレーボール競技

概要

大会名称

第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)男子ビーチバレー競技

開催期間

2012年7月28日(土)~8月9日(木)

出場チーム数

24チーム

出場枠

1)開催国【1チーム】
イギリス

2)FIVBビーチバレーワールドツアー【16チーム】
ランキング上位16チーム

3)FIVBビーチバレーコンチネンタルカップオリンピック大陸予選【5チーム】
各大陸から1チーム(計5チーム)

4)FIVBビーチバレーワールドカップオリンピック世界最終予選【2チーム】
上位2チーム

ルール

砂の上の8m×16mのコート、インドアバレーと同じ男子243cm、女子224cmの高さのネットで行われる。ラリーポイントシステムで、3セットマッチ。相手コートへの返球までのボールタッチは3回で、ブロックは1タッチに数えられる。ボールはビーチバレー専用ボールを使用、インドアよりも空気圧が低い。選手交代はできず、選手ベンチ付近に監督・コーチ・スタッフが近づくことも、客席からの指示も禁止されている。

[第1、2セット]
ポイント:21点(タイブレークの場合2点差がつくまで ex. 22-20など)
コートチェンジ:両チームの得点合計が7の倍数になった時(ex.5-2、8-6など)
テクニカルタイムアウト:両チームの得点合計が21点になったとき、1回30秒
タイムアウト:ボールデッドのときに各チームがリクエストでき、1セット1回30秒。(第3セットも同じ)
セット間インターバル:1分(第2-3セット間も同じ)

[第3セット]
ポイント:15点(タイブレークの場合2点差がつくまで)
コートチェンジ:両チームの得点合計が5の倍数になったとき
テクニカルタイムアウト:なし

競技方式

[予選ラウンド]24チーム(96試合)

予選ラウンドは24チームが4チームごとに6組に分かれ、総当たり戦を行い次のラウンド(Round of 16)に進む16チームを決定する。各プールのチーム分けは、FIVBの規則に従って行なわれる。
プール内の順位は、勝点(※)、当該チーム同士の勝敗、プール内全対戦の得点率の順で決定。

※勝点:勝者には2ポイント、敗者には1ポイントが与えられ、棄権したチームにはポイントは与えられない。

予選ラウンド組分け
プールA 【ブラジル】Alison Cerutti/Emanuel Rego
【スイス】Jefferson Bellaguarda/Patrick Heusche
【イタリア】Daniele Lupo/Paolo Nicolai
【オーストリア】Clemens Doppler/Alexander Horst
プールB 【アメリカ】Phil Dalhausser/Todd Rogers
【スペイン】Adrian Gavira Collado/Pablo Herrera
【チェコ】Petr Benes/Presysl Kubala
【日本】朝日健太郎/白鳥勝浩
プールC 【ドイツ】Julius Brink/Jonas Reckermann
【中国】Penggen Wu/Linyin Xu
【スイス】Sebastian Chevallier/Sascha Heyer
【ロシア】Serguei Prokopiev/Konstantin Semonov
プールD 【アメリカ】Jake Gibb/Sean Rosenthal
【ポーランド】Grzegorz Fijalek/Mariusz Prudel
【ラトビア】Aleksandrs Samoilovs/Ruslans Sorokins
【南アフリカ】Freedom Chiya/Grant Goldschmit
プールE 【オランダ】Reinder Nummerdor/Richard Schuil
【ドイツ】Jonathan Erdmann/Kay Matysik
【ラトビア】Martins Plavins/Janis Smedins
【ベネズエラ】Igor Hernandez/Jesus Villafane
プールF 【イギリス】John Garcia-Thompson/Steven Grotowski
【ブラジル】Pedro Cunha/Ricardo Santos
【ノルウェー】Tarjei Skarlund/Martin Spinnangr
【カナダ】Josh Binstock/Martin Reader
Round of 16進出16チーム
12チーム 各プールの上位2チーム
2チーム 各プールの3位にランクしている6チームの内、成績上位2チーム(勝点→セット率→得点率→コイントスの順で順位を決定)
2チーム 各プール3位の成績上位2チームを除いた、残り4チーム間で試合(Lucky Loser)を行い、決定。
[Round of 16]16チーム(8試合)

予選ラウンド終了後のシードチームの決定はFIVBの規則に従って決定。
16チームがシングルエリミネーション方式(=トーナメント戦方式)で競技し、勝利した8チームが準決勝に進出。

[準々決勝]8チーム(4試合)

8チームがシングルエリミネーション方式で競技し、勝利した4チームが準決勝に進出します。

[準決勝]4チーム(2試合)

準々決勝で勝利した4チームがシングルエリミネーション方式で競技します。

[3位決定戦]

準決勝の敗者同士が戦い、3位決定戦を行います。

[決勝]

準決勝の勝者同士が戦い、決勝戦を行います。

国際バレーボール連盟(FIVB)ビーチバレー競技 公式ページ(英語)

最新の情報は、下記サイトよりご確認ください。

放送予定

放送予定は変更となる場合がございます。最新の情報は番組表等で随時ご確認ください。

試合日試合開始
時間※
対戦カード放送局【チャンネル】
放送日時※
7月29日(日) 30日 6:00
Phil Dalhausser/Todd Rogers
ペア戦
NHKネット生中継
(ライブストリーミング)
【L6】
7月30日(月)
5:50 - 6:50
7月31日(火) 17:00
Petr Benes/Presysl Kubala
ペア戦 ほか
gorin.jp 【Live2】
7月31日(火)
16:55 - 20:53
8月2日(木) 22:30
Adrian Gavira Collado/Pablo Herrera
ペア戦
NHKネット生中継
(ライブストリーミング)
【L5】
8月2日(木)
22:30 - 23:20

参加チーム

朝日 健太郎/白鳥 勝浩組

朝日 健太郎 朝日 健太郎
ASAHI, Kentaro
  1. 株式会社フォーバル
  2. 1975/09/19
  3. 199cm/94kg
白鳥 勝浩 白鳥 勝浩
SHIRATORI, Katsuhiro
  1. 湘南ベルマーレ
  2. 1976/10/29
  3. 190cm/87kg

監督・スタッフ

山本 知寿 監督
山本 知寿
YAMAMOTO, Tomohisa
公益財団法人
日本バレーボール協会