HOMEトピックス龍神NIPPON、ブラジルに敗れ6位で大会終了 グラチャンバレー2017

トピックス

龍神NIPPON、ブラジルに敗れ6位で大会終了 グラチャンバレー2017

2017.09.17

2017.09.17-2-top.JPG

 「ワールドグランドチャンピオンズカップ2017」の男子大会が9月17日(日)、大阪市中央体育館(大阪府大阪市)で大会最終日を迎えました。男女大会を通じて最終日となったこの日、全日本男子チーム・龍神NIPPONはリオデジャネイロオリンピック金メダルのブラジルと対戦し、セットカウント0-3(17-25、15-25、22-25)のストレートで敗戦。6位で今大会を終えました。

 

日本×ブラジル試合結果

 

◆9月17日(日) 試合結果

第1試合 イタリア×アメリカ 3-1(25-22、25-22、23-25、29-27)

第2試合 イラン×フランス 3-2(38-36、25-23、22-25、25-27、15-11)

第3試合 日本×ブラジル 0-3(17-25、15-25、22-25)

 

2017.09.17-2-1.JPG

 なお、日本戦終了後に表彰式が行われ、龍神NIPPONからはベストリベロ賞に井手智選手(東レアローズ)が選出されました。なお、大会MVPにはブラジルのリカルド・ソウザ選手が選出されています。

 

 中垣内祐一監督率いる新生龍神NIPPONへのご声援をありがとうございました。2018年は2大会ぶりに出場権を獲得した男子世界選手権に出場します。ぜひ来シーズンも龍神NIPPONへのご声援をよろしくお願いします。

 

◆男子大会最終順位

1位: ブラジル(4勝1敗、勝点12、セット率=2.800)

2位: イタリア(4勝1敗、勝点12、セット率=1.750)

3位: イラン(4勝1敗、勝点9)

4位: アメリカ(2勝3敗)

5位: フランス(1勝4敗)

6位: 日本(0勝5敗)

 

◆男子大会個人賞受賞選手

ベストアウトサイドスパイカー賞第1位: リカルド・ソウザ選手[ブラジル]

ベストアウトサイドスパイカー賞第2位: ミラド・エバディプール選手[イラン]

ベストミドルブロッカー賞第1位: マッテオ・ピアノ選手[イタリア]

ベストミドルブロッカー賞第2位: ルーカス・サートカンプ選手[ブラジル]

ベストセッター賞: シモーネ・ジャネッリ選手[イタリア]

ベストリベロ賞: 井手智選手[日本]

ベストオポジット賞: マシュー・アンダーソン選手[アメリカ]

MVP: リカルド・ソウザ選手[ブラジル]

関連リンク

大会特設サイト

男子大会競技日程

テレビ放送予定

写真